株式会社ヒロリアルエステート

【明石市】住宅ローンが残っていても不動産は売却できる|ヒロリアルエステート

無料相談はこちら 物件カタログ

【明石市】住宅ローンが残っていても不動産は売却できる|ヒロリアルエステート

【明石市】住宅ローンが残っていても不動産は売却できる|ヒロリアルエステート

2022/01/11

株式会社ヒロリアルエステートです。

 

【住宅ローン返済中】のマンション・戸建の売却についてご説明させていただきます。

 

住宅ローン返済中の不動産には、「抵当権」という権利が登記されています。これは住宅ローンの借入先の金融機関が、融資と引き換えに不動産を担保に取ったことを証明する登記で、この「抵当権」を外さないと、住宅ローン返済中の不動産は売却することができません。

 

住宅ローン借入の担保となった不動産は、返済が滞ると競売などの手段で強制的に売ってしまう可能性があるからです。

人手に渡ってしまう可能性がある不動産を、購入しようとする人はいませんので、買い手が付かず抵当権が設定されたままの不動産は、売却不可能となってしまうのです。

 

住宅ローン返済中の不動産を売るには、この【抵当権の抹消】が大前提となります。

 

ローン返済中の物件を売却するには抵当権抹消が条件となるため、ローンの【全額返済】が必要となります。

物件の売却価格がローン残債より高くなければ全額返済に足りるだけの預貯金を用意し、返済に充当する必要があります。

 

ローン残債 < 売却価格ーーーー売却代金をもって住宅ローン完済

ローン残債  > 売却価格ーーーー 預貯金等を返済に充当

 

このようにローン返済中でも不動産の売却は可能です。ローン残高が売却額を上回っていても、預貯金などで差額を充当できれば問題ありません。

 

ご自宅の売却を検討していてもローン残債や手続きがわからない、いくらで売れるのか知りたい、相続した不動産を処分したい、他社に売却依頼中だがなかなか売れない、仲介か買取か迷っている、もっと具体的に話を聞いてみたいなど、どのようなお客様でも、明石市の買取強化中のヒロリアルエステートまで、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

無料相談はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。